要らない自転車は回収業者に処分を頼もう

要らない自転車は回収業者に処分を頼もう 古くなったり、または子供の場合には体の成長によりサイズが合わなくなった自転車は使うことが無いので不要なものになります。
もちろん、自転車の程度がよければ知人や親戚などに譲り渡す方法もありますが、古く痛んだものなどなかなか欲しがる人はいません。
そうなると、処分すると言う選択しかなくなります。
一番簡単な処分方法は自治体にお願いすることです。
自治体の場合は無料で処分してくれることが多いのでその場合は費用を気にすることはありません。
但し、近くのゴミ集積場に自転車を出しておけば自治体の回収車がもっていってくれる場合は助かりますが、地域によっては自分で処分場まで持ち込まなければならない所もあります。
自動車に積んで持っていくことが可能ならば問題はありませんが、所有してない場合は、自転車に乗っていって後は歩いてくるか、バスや電車で帰ってくることになります。
また、公共交通機関が無ければタクシーと言うこともありますので費用負担を強いられることになります。
そこで、もう一つの処分方法が、専門の自転車回収業者に依頼することです。
必ず、無料で回収してくれるとは限りませんので事前に料金のことについては、確認することが重要です。
場合によっては買い取ってくれることもありますので、廃棄する前に確認しましょう。

自転車の処分の注意点

壊れたり古くなった自転車は邪魔になります。
自宅の場合でもそうですが、賃貸住宅に住んでいると人の目もありますので何時までも放置しておくわけには行きません。
自転車を新しく買い換える場合などなら、販売店が引き取ってくれる場合もありますが、ネット通販などで購入した場合はこの処分法はなかなか使えません。
そのために、自治体に処分を任せる方法がありますが、自分で持ち込むことになるでしょうし、平日しか受け付けてくれない場合もありますので、そうなると仕事を休んで運ぶことになります。
他にも、持ち込むごみがあればついでにと言う考えもありますが、自転車の処理のためだけに休みを取るのはちょっともったいない気もします。
そんな場合にはもう一つの方法があります。
専門の自転車回収業者に依頼することです。
休日でも引き取ってくれますし、その多くは無料で引き取ってくれます。
また、場合によっては買い取ってくれることも期待できます。
但し、注意することがあります。
自転車は購入時に必ず防犯登録をしていますので、回収業者が転売を目的としている場合、きちんと防犯登録の解除手続きをすることを確認しましょう。
この手続きがなされていないと、盗難車と思われ警察から問い合わせがある場合もあります。

自転車の処分についてもっと知る

放置自転車にお困りのアパートやマンションの管理会社様必見のサイト

自転車 処分